オープン祝いに喜ばれる花と言えば、まず胡蝶蘭やバラがあります。

店舗開店の花として、すぐに思い浮かぶのが胡蝶蘭やバラで、代表的なものです。取引先に感謝を込めて贈れば、喜ばれること間違いありません。バラの他に胡蝶蘭も定番で人気があります。

華やかなバラは、店舗開店にふさわしい花で、感謝の気持ちが伝わります。気品のあるオープン祝いなら、ユリの花がよいでしょう。豊かな香りを取引先に楽しんでもらうことができます。
どんなインテリアにもマッチするユリなどもオープン祝いに喜ばれる花です。店舗開店のギフトなら、ボリュームのあるアジサイもおすすめです。

取引先に似合いそうなデザインのギフトを探せば、きっと喜んでくれるはずです。還暦や古希など、特別な節目の店舗開店にギフトとして贈るなら、お祝いの気持ちを込めてコチョウランをプレゼントするのもいいかもしれません。

オープン祝いに喜ばれる花には、お祝いを伝えることができるバルーン付きのフラワースタンドというのもありです。贈る人と贈られる人の両方を笑顔にしてくれるバルーン付きのフラワーギフトは、店舗開店に贈るギフトとしてピッタリですね。URLを書いときますので一度訪れて見て下さい。

http://xn--zckm4a9l7731b.net/

結婚式など、笠飾では欠かすことのできない定番の花、バラは日本で生産されたものがアメリカでも評価されつつあると、昨年紹介しましたが、それは簡単なものではなかったようです。

アメリカ国内でもバラの生産は多い。提案初期は、なかなか日本産は受け入れられなかったといいます。

それは何より、価格の違いであったのかもしれませんね。日本産の一般的に出回っているバラの方がアメリカ産よりも丈は長いが、輸送などの流通コストもかかるため、価格は安くない

そのため、仕人れ値に敏感なバイヤーたちは及び腰になっていた。

そこで日本産はどうするべきか。まずは一度バイヤーに使ってもらい、良さに気付いてもらうことからスタートした。

鹿児県の丁寧に生産されたバラは、肉厚であり、長さも長く、口持ちもよい。実際に使って、長さをはじめ、価格以外の違いが身にしみてわかると、定期的な取引へとつながりはじめ、なんとかマーケットを増やすという思いが結実した。